2011年01月01日

Gibson(ギブソン) Les Paul Junior 1958(レスポール・ジュニア1958) 【レスポール】





Gibson(ギブソン) Les Paul Junior 1958(レスポール・ジュニア1958) 【レスポール】
Gibson(ギブソン) Les Paul Junior(レスポール・ジュニア)は1954年にレスポールの廉価モデルとして発売されました。発売当初のボディの形状はシングル・カッタウェイでしたが、1958年頃からダブル・カッタウェイのボディに変更されました。1960年には生産中止となるも1970年代以降には再び生産が行われています。ボディとネックは共にマホガニー、指板はローズウッド、1ボリューム、1トーンでP-90シングル・コイル・ピックアップが搭載されています。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00 | レスポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gibson(ギブソン) Les Paul Studio Faded(レスポール・スタジオ・フェイデッド) 【レスポール】





Gibson(ギブソン) Les Paul Studio Faded(レスポール・スタジオ・フェイデッド) 【レスポール】
Gibson(ギブソン) Les Paul Studio Faded(レスポール・スタジオ・フェイデッド)はオール・マホガニー・ボディの甘い音色が特徴のレスポールです。Les Paul Standard(レスポール・スタンダード)にも搭載されているBurstbucker Pro(バーストバッカー・プロ)ピックアップが採用されているにも関わらず、驚愕のコスト・パフォーマンスを実現しているギターです。

http://music-shop-01.tomiyoshi-guitar-school.com/article/200678734.html
posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00 | レスポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gibson(ギブソン) Les Paul Traditional(レスポール・トラディショナル) 【レスポール】





Gibson(ギブソン) Les Paul Traditional(レスポール・トラディショナル) 【レスポール】
Gibson(ギブソン) Les Paul Traditional(レスポール・トラディショナル)は、80〜90年代のレス・ポールのデザインと特徴を持ちながらも、熟練リペア・マンの長年の経験で行われていた弦高調整やフレット・カットを、Plekマシーンにより全てコンピューター制御で行っており、モダンな要素を持ち合わせています。
ボディはメイプル・トップ、マホガニー・バック、ネックはマホガニー、指板はローズウッドという仕様。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00 | レスポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gibson(ギブソン) 2008 Les Paul Standard(2008レスポール・スタンダード) 【レスポール】





Gibson(ギブソン) 2008 Les Paul Standard(2008レスポール・スタンダード) 【レスポール】
非対称ネック・グリップ、チェンバード・ボディにBurstbucker Pro(バーストバッカー・プロ)ピックアップ、グローバーのロック・タイプ・ペグを搭載。ボディ内に空洞部分を作ることにより、レスポールらしい芯の強さを残しつつも良く響く生鳴りが心地良いギター・サウンドを実現。ヴィンテージを再現したリイシュー・タイプのモデルは素晴らしいのですが、扱いにくい場合もあります。そんな中、手頃な価格で、より実戦的な「使える」レスポールを求めるギタリストの声に応えたのがモデルが2008 Les Paul Standard(2008レスポール・スタンダード)です。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00 | レスポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gibson(ギブソン) Les Paul Custom(レスポール・カスタム) 【レスポール】





Gibson(ギブソン) Les Paul Custom(レスポール・カスタム) 【レスポール】
新しいLes Paul Custom(レスポール・カスタム)はHistoric Collection(ヒストリック・コレクション)のBlack Beauty(ブラック・ビューティ)とは違い、あくまでも「現代のLes Paul Custom(レスポール・カスタム)」というところを念頭に作られているギターです。ボディの色は高級感溢れるHeritage Cherry Sunburst(ヘリテイジ・チェリー・サンバースト)です。

posted by Harutaka Tomiyoshi at 00:00 | レスポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。